スポンサーリンク

ヒガシヒダサンショウウオと出会う

すきっぷのブログを読んで頂き、ありがとうございます。

3月22日(月)

ヒガシヒダサンショウウオを探しに輪行で出発。平日の輪行はお仕事の人に出来るだけ迷惑が掛からないように早めの出発をします。

これが輪行です。自転車(ロードバイク)を分解して専用の袋に収納して電車で運びます。

私の行く場所ですが磯採集と一緒で公表するつもりはございません。ぶっちゃけちゃうと自分も参考にしていますがウェブでいくらでも情報は出て来ます。しかし、中には古いと思われる記事もあったりして現状との整合性は取れていない可能性があります。特に販売目的で情報を集めている人にはヒントを与えたくないと言うのが正直な心境です。それと両生類に関してはピンスポットで生息しているのがわかってしまう場合がありますが、保護している方達がいらっしゃる所には行きません。

今回はこの渓流を登ってみます。この辺りまではオンロード専用のロードバイクでの移動ですが、林道に入ると砂利道でパンクする可能性があるので押し歩きです。

しばらく林道を歩いた水たまりにアズマヒキガエルと…

ナガレタゴガエルが仲良く入浴していました。

この川の終点近くまで登ってみましたが、良さそうな場所を見つけられないまま沢との高低差が50mを越えて下りられそうにないので断念しました。途中の小さな支流なども確認しましたが何も見つける事が出来ませんでした。

下流に戻って気になる分岐を進んでみるとすぐに林道が崩壊していました。画像で感じる高低差よりも実際の高低差は高く。ロードバイクも邪魔で先に進むのは断念しました。

ちょっとした支流を探るとサワガニが出て来ました。可愛いメスのサワガニでした。

本日の目的の渓流2本が早々とダメになってしまいました。こうなったら標高を稼いでみる事にしました。低い所に居なければ高い所を探せ!!←根拠はありません

ロードバイクのガチライドでも敬遠したくなる坂を上って行きます。

途中で発見したタラの木はまだ早すぎる状態でした。

とりあえず標高を稼いでからとある沢を登ります。するとある石を持ち上げるとドジョウの様にのたまって逃げ出す生物がいました。

ハコネかヒダか判別は出来ませんでしたがサイズ的に恐らくサンショウウオの幼体です。石を返した濁りも出てしまいました。動きを見ると網が欲しい。

急いでリュックから網を取り出しましたが見失ってしまいました。しかし「1匹出てきたらザクザクと出てくるだろう」と勝手に妄想して早々と諦めます。

すると、その後は探しても何も見つかりませんでした。

さっきの場所もどこだか分からなくなり…

アラレが降って来て来ました。一心不乱に髪を濡らして沢を探しましたがそろそろ15時。下山しないといけない時間です。

ロードバイクに乗ることが出来る車道まで戻ると…

天気予報大外れ。雨の中地獄の極寒ダウンヒル開始です。グローブもしてない状況でずぶ濡れです。手はかじかみブレーキレバーもろくに握れない状態でなんとか駅まで走り切りました。

本日もボウズでしたが何となく得るものがありました。

3月29日(月)

仕事の都合で日、月と連休でした。天気予報は曇りだった為に日曜日に輪行で出発したものの隣駅で雨が降り出し早々と諦めました。その後は春の嵐と言った様相で沢の水量も多くなって探しづらいであろう状況の中、翌日の月曜日に再出発をしました。

本日も輪行です。小1時間坂を登った所で休憩をしました。後半は登山になるのが分かっていたのでガスストーブとか水とか食料とかカメラとか山を満喫する為に色々と背負って来たのですが欲張り過ぎました。重くて腰の痛みが我慢出来ませんでした。

すぐにロードバイクの押し歩きが始まります。しばらく歩くとアズマヒキガエルを発見。この後も2個体見たので山にも結構生息しているのが分かりました。

途中良さそうな沢があったので探してみましたが見つかりませんでした。代わりにほぼ止水の場所でヤマアカガエルと思われるオタマジャクジを見る事が出来ました。

林道を登って行きますが人には全く会いません。熊とか偶蹄目くらいしかいないと思うのでロードバイクを置いて行きます。ちょっとした木に地球ロック。

完全に溶け込みました。

この場所でお昼ごはん。ちょっとした沢がありますがまずはご飯。買ってきたカップラーメンに湯を注ぎ、おにぎりを頬張ります。

時間も押して来ている状況でもっと上を捜索したいのですが、この小場所と言える沢に時間を取られるのはどうかと思いましたが念のために捜索開始。

20cm×10cm程の水中の石を何気なくをち上げた時、その時が訪れました。

「いたーーーーー!!🦎」

ぐわしと鷲掴みwww

カワウソのコッペ君と記念撮影。欲を言えばもっと斑の入った個体が良かったのですが贅沢は言えません。居てくれてありがとう。

よく見ると尾が欠損しています。サワガニにでも捕まったのでしょうか?有尾類は再生能力が高いのですぐに治るでしょう。

その後、時間が押して来てはいましたが目標の標高1140mまで探しましたが特筆すべき生物を見つける事は出来ませんでした。

ちょっとサンショウウオジャンキーになってしまっているのでまだ続くと思います。

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)