スポンサーリンク

桂木観音と味噌の巽・毛呂山ぷち探索

世間では心配していたコロナウイルスが不気味に感染者数を増やし、人類を恐怖におとしいれておりますおりますが。昨年の9月15日以降100kmを超える距離を走っていない自分の体力低下にも恐怖を感じております。

3連休の最後の日に休みを取ることが出来たので、久しぶりに100kmを超えるリハビリ走を行いたいと考えました。

ちょっと遅れて8時30分に出発。レザインのサイコンでナビゲートしてもらいときがわ町の「とうふ工房わたなべ」さんへ。ちょっと服装選択を失敗し、暑くて汗をかいてしまいました。ここまでで約46km走りましたが、すでに体に倦怠感が現われました。先行きが不安になります。

ホットチョコ豆乳とおからドーナツ2個を頂きました。おからドーナツは甘すぎないので男性でもおいしく食べられると思います。

ここで失敗。サイクルラックから自転車を出して立てかけたのですが、動き出して倒れてしまいズガガーっとフレームに傷が付いてしまいました。

ショックですが仕方がありません。後で出来るだけ綺麗に補修しようと思います。マットブラックなので意外と綺麗に直るかもしれません。

本当は弓立山を登ってリハビリをしようと思っていたのですが、行った事のない桂木観音が気になっていたのでそちらに行ってみる事にしました。ただし、Kazuさんが「それなりにキツイ」と言っていたと思うので覚悟をしないといけないかもしれません。

毛呂駅前あたりからアプローチすると、最初の方からなかなか良い勾配の坂を上って行きます。しかし、体が重くて今にも足を付いてしまいそうです。血液を送る心臓もパンク寸前。10%台後半の坂も現れて来ました。超低スピードで走り続けると砂利で覆われた開けた場所に出ました。

なんだかトレーニングをしているらしい若者が大勢いました。ナビでは左の坂を上がる事になっていますが、20%後半はありそうな坂が続いていました。これか?KAZUさんが言っていたのは?

今の出来では登れません

この若者たちの前で失敗をしたくない気持ちも働き違うルートから登る事にしました。

結果的にこのルートが正解でした。たしか340m位の高さを上るはずなのですが、最初の緩やかな部分が長かったので後半にきつくなるパターンだとすぐに気が付きました。つづら折りが現われて勾配は体感で最大20%ほどでした。心肺機能が弱っていて体が言う事を聞きませんでしたが恥ずかしい必殺技時速3kmダンシングで呼吸を整えて登りました。

展望は弓立山には及びませんがなかなかのものです。

門には仁王像がありました。傷み具合からすると年代物なのでしょうか?

なかなか子供達だけで来る事は無いでしょうが、鉄棒やブランコと言った遊具がありました。私は世界でコロナウイルスが収束することをお祈りしました。

せっかくなので鐘も突きました。この後はびゅーっと下りました。

毛呂駅近くまで来ました。

味噌の巽や」さんで桂木ゆず味噌らあめんを頂きました。スープは見た目通り、さすがに美味しかったです。ゆずが邪魔をしないか心配でしたが良いアクセントとなっていました。個人的に麺は縮れ麺か太麺が良かったです。あと、価格は税込が良かったです。ラーメンを食べて1円玉とかを用意するのは少し面倒でした。ごちそうさまでした。

そして店を出ると、なんとまさ8さんがいましたw。私のツイートを見て会いに来てくれました。少しお話をして解散。明るいうちに帰りたかったので帰路につきました。

帰り道。日がよく当たる所では桜が開花していました。まだ2月なのに驚きです。雪が積もらなかったし、唇も荒れなかったし、暖かい日が多かったし楽な冬でした。

BCAAを飲んで休憩もせずにノンストップで帰ったのでケロ山毛呂山町から2時間程で帰宅する事が出来ました。でも疲れたなぁ。輪行でも良いのでもっと山を登らないとダメな気がしています。

2020年2月24日走行。走行距離103.08km。獲得標高686m。

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)