スポンサーリンク

飯能カフェキキ リハビリ走

肘が痛くなってからと言うもの、昨年の9月15日から100km以上の距離は走行していませんでした。両肘の痛みは悪化し続けているものの、痛む部位が少しずれてダンシングは出来るようになりました。前日にKazuさんから連絡をいただき、Kazuさんも走れていないので2人でカフェキキまで「ゆるくリハビリ走」をしましょうと言うことになりました。

本日はカフェキキが13時開店だったので遅めの9時30分にKazuさんに迎えに来ていただきました。Kazuさんはロードバイクを購入してはいるのですが、まだ乗れる準備が出来ていないのでビアンキローマⅢでのリハビリ走になります。ご本人はネタだと言っていましたが足元にはボーラウルトラの文字がw

やっぱりゾンダとは比較にならない性能だそうです。いいなぁ。

とりあえずいつものルートで多摩湖を目指しますが、遅い時間の出発が悪かったのか交通量が多くて難儀しました。そして多摩湖まででどんよりとした疲れが私の体を覆います。

ここでKazuさんのブレーキにトラブルが発生してしまいました。Vブレーキにカーボンリムの装着は難しいのかもしれません。

この後はKazuさんに引いてもらって笹仁田峠を越え、裏苦労坂(東都飯能CC)をひいこら言いながら登りました。坂ってこんなに辛かったっけ?

Kazuさんとケンカ中ではありません。いつもと違う絵が欲しかったのです。

残念な写真になってしまいました。

そしてカフェキキへ。そしたら超満員。

期間限定のすいとんも良いのですが、お腹が空いていたのでカルボナーラ特盛(2倍)とフレンチトーストを頂きました。ここで顔見知りの方々、ツイッター絡みで始めてお会いする方々に会うことが出来ました。

帰りの狭山湖が幻想的できれいでした。

最後のコンビニ休憩でKazuさんに「どのヘッドキャップが良いと思います?」と聞かれましたがおじさんとしましては返答に困りましたw

KazuさんのレザインメガXL GPSの調子が悪く、勾配が2万%台とかスカウターみたいになっていたのですが、帰宅後にスクリーンショットが送られて来ました。

獲得高度もバグってはいますが、最高高度がすごいことに。高度12000mは気温がマイナス50℃。気圧が地上の4分の1だそうです。Kazuさん、本日もありがとうございました。

こちらも帰宅後にツイッターで知って、作って遊びました。

小学館の図鑑NEOメーカー

2020年1月2日走行。走行距離96.08km。獲得標高735m。

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)