スポンサーリンク

和田峠は良い峠でした

本日はロードバイクに乗り始めて半年目の記念日です。

それと、有馬峠でCAFE KIKIさんの走行会があったのですが、参加をするとここ1ヶ月で3回有間峠を上る事になってしまうので、申し訳ないのですが走ってみたかったルートを走ってみました。有間峠は来週が今年のラストチャンスですので、行ってみたい方は急いで下さい。キツイですけど

今回は「石やん」さんが作成されたルートを、自宅から繋げて走ってみました。

起床してみると、心配をしていた雨は降っていませんでした。しかし、準備をして出発しようと玄関を開けると降り出していました。30分ほど待ちましたが、止みそうにありません。

先週の有間峠でも雨にやられてしまい、綿棒を使って細部まで掃除をしていたので、出来れば自転車を汚したくありませんでした。

「うーん。梅雨時だし、仕方ないかなぁ」

小雨の中の出発です。泥っ跳ねが嫌なので、超低速走行で走ります。1時間走りましたが稼いだ距離は16km。ようやく雨も止んで、しっかり走れる路面になってきました。車体もマズマズ綺麗です。

しかし、多摩川を渡って日野に入った頃、再び雨が降って来ました。今度は本降りです。なんとか八王子まで来ましたが、びしょ濡れで寒いので、コンビニでホットコーヒーを飲んで雨宿りをしました。

「八王子って意外と近いんだなぁ」

30分ほど待つと雨が小降りになって来たので出発します。

道路の左端は水溜りが多く、車体も自分も結局は泥だらけになってしまいましたw

町田街道入口を右折して坂を上り、陣馬街道に入ります。以前の入山峠の下りで通ったはずなのですが、逆から通ると何か景色が違う感じがしました。飯能、秩父と比べると、コンパクトではありますが、山が近くに感じられて気持ちが良いです。

「そう言えば、和田峠の起点ってどこだろう?」

山伏峠の時みたいに、気が付いたら突入しているのは嫌です。

しばらく走ると夕やけ小やけふれあいの里に到着しました。やっぱり合っていました。ここで和田峠の起点を調べましょう。

和田峠前の休憩。チョココロネを購入してエネルギーを蓄えます。

お日様が出て来て、屋根から湯気が出ていました。2人組みのローディーさんが休憩をしていたのですが「今日は40分を切りたい」と話していたので、私も40分を意識してみようと思いました。

ここの右折をする所が起点のようです。ここから3.5kmの上りが始まります。ワクワクしますね。

和田峠は、道幅が思っていたよりも狭く、斜度が10%オーバーで緩急があり、距離も適度なのですごく好きになりました。しかし、路面がウエットだったので、グレーチングや「なんでこんな所にあるの?」マンホールで後輪がスリップしてしまい、足を付きそうになってヒヤヒヤしました。

ゆるゆると進んでいたのですが、3分の2位を走ってみると「これ30分切れるんじゃない?」と思い、欲が出てペースを上げました。28分で峠に着きましたが(遅い)、今の自分では時間を気にすると、峠を十分に楽しめなくなることがわかりました。前半を頑張ればもう少し縮められそうですが、やっぱり時間を気にしないで、山や峠を楽しみたいなぁ。

時間の短縮が楽しくなる高みに自分が到達する時は来るのでしょうか?いずれにしろその時に楽しいと感じる走りをして行きたいと思います。

最後の登りを峠から。

峠の茶屋前。

お決まりの記念撮影後、藤野側に下りて行きました。

和田峠を八王子側から上ったら、展望はゼロでしたが、藤野側の下りでは少しだけ開けている所がありました。路面がウエットなのでゆっくりと下りました。

人工的な巻貝発見!!

ラピュタ坂が気になりますが、何処だろうと調べた時には通り過ぎていました。変な気を起こさなくて済んで良かったと思います。

ミスショットにピカチュウが。トンネルを抜けて相模湖へ。

ラーメンいただきました。もうちょっと頑張って欲しいお味でした。

相模湖を抜けて大垂水峠へ。ちょっとハンガーノックになりかけていたので(まだラーメンが消化出来ていませんでした)、和田峠よりもキツかったです。

雲に隠れているのは富士山でしょうか?

この後は尾根幹を走って多摩川を渡り、自宅に帰りました。尾根幹はローディーがいっぱい居ました。ヘロヘロだったので抜かれまくりましたw

本日は130kmを走りました。少しずつですが、長い距離も走れるようになって来ました。平坦なら200km位は行けそうです。行かないけどね。

山が好き!和田峠イイね!!

2018年6月24日走行

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)