スポンサーリンク

3ヶ月半の初心者が「子の権現」攻略の為にしたこと

こんばんは、すきっぷです。

先週の日曜日に目標としていた「子の権現」を、なんとか足付きなしで登ることが出来ました。今日はその為に私がした事についてまとめてみたいと思います。これから「子の権現」に挑戦してみたいと思っている、私と同じような初心者の方に向けて、少しでも参考にして頂ければと思います。

まず、すきっぷのスペックですが、年齢46歳、身長178cm、体重55kgの貧弱なおじさんです。早く登る事はできませんが、これからも自分なりにヒルクライムを楽しんで行きたいと思っています。

私が最初にヒルクライムを意識し始めたのが、今年の2月4日の「弓立山」でした。それまで坂と言ったら多摩湖へ向かう坂ぐらいしか登ったことがありませんでした。

大雪の後、なかなか雪が溶けないので「昭和記念公園」とか、「武蔵丘陵森林公園」ならトレーニング出来るのではないかと考えていました。しか...

この時はその斜度を見て「こんな激坂を登るの?」「冗談でしょ?」と驚愕し思わず笑ってしまいました。「ヒルクライムをしている人ってすごいんだな」と思いながら登坂を始めました。この時は足付きなしと言う意識は無く、途中で見つけたトイレに寄っています。この時にしばらくの間苦しめられる、左膝の外側の痛みが始まりました。

2月12日の「南埼玉周回」で、初めて20%超と思われる激坂に遭遇して「こんな坂危なくて登る人なんかいないでしょう」と決め付けて押して歩きました。この頃は体幹トレーニングを毎日していたのですが、背中の筋を痛めてしまったのでこれ以降はやっていません。一時期スクワットもやってみたのですが、変な所が筋肉痛になるのでこちらもやめました。

2月18日に「山伏峠」を越えて秩父に行こうとしますが膝の痛みで断念しています。いろいろな方のブログ等を読んで「子の権現」を意識し始めたのはこの頃だと思います。

2月25日にもう一度「山伏峠」へ向かいますが、やはり膝の痛みで断念しています。

そして、3月4日に輪行で飯能から「山伏峠」を越えました。膝の痛みが出る前に登ってしまおうと言う作戦でした。初めての本格的な峠での ”足付きなし” 挑戦をして、足付きなし発案者を恨みましたw

過去の記事を書くのは辛いですね。本日2本目ですがお付き合いありがとうございます。 これで過去のライドの精算が出来ました...

 

3月11日に「入山峠」に行きましたが、ゆるポタクライムだったので、トレーニング要素はほぼありませんでした。

そして3月18日に「堂西の激坂」に挑みました。「子の権現」の28%と言われる斜度を克服するために、30%あるここを練習場所に選びました。この坂をはじめて見て、その強烈な斜度に圧倒されてしまいましたが、ここを登れなかったら「子の権現」も登れないだろうと思い、意を決して挑戦して登り切りました。

登れないと決め付けていた斜度を登れるようになった瞬間で、生まれ変わったような気分になりました。この坂が自分を変える一番大事な坂だったと思います。

心が折れてしまったら絶対に負けます。”こんな角度でも登れるんだ!”と言う自信を持つ事が一番大事な事だと思います。ここを登らずに「子の権現」足付きなしに挑戦していたら絶対に失敗していたと思います。

この日は「天目指峠」、「子の権現(北)」と登りましたが「子の権現」は北側もきつかったです。南側しか走っていない人は、ぜひ挑戦してみて下さい。そして、南ルートの激坂を下って偵察をしました。帰宅してから、当ブログにて「子の権現」挑戦を表明して自分を追い込みました。この頃から仕事の行き帰りに「大泉のラルプ・デュエズ」でトレーニングをしました。

昨日は「子の権現」に挑戦してやる!と意気込んで宣言してしまいましたが、一夜明けて冷静になってブルブルと震えておりますw ...

つづく3月25日、「正丸峠」を登ってみますが、あまりきつくなかったので拍子抜けしてしまいました。それではと「東都飯能CCの坂」別名 ”苦労坂” に挑んでみました。道中ジグザグ走行をしなければならない程きつく、景色が白くなるまで酸素が足りなくなりながら、何とか登り切りました。この坂で筋力よりも心肺機能の強化が必要だと感じました。

そして翌週の4月1日に「白石峠」で心肺機能の強化を図りました。ゾンビ走行だったので訓練とは言えないかも知れませんが…。そして「埼玉のラルプ・デュエズ」を怖いもの見たさで登ってみたら、運が良くて登れちゃいました。

こんばんは、すきっぷです。 ライド前日の晩ですが、眠れなかったので深酒をしてしまい、4時間睡眠で頑張っ...

こんばんは、すきっぷです。 仕事が忙しくて(←収入には影響無しw)更新がままなりません。 ...

「埼玉のラルプ・デュエズ」は運が味方をしてくれた部分が大きいのですが、ここを登れた事が自信につながり、今回の「子の権現 南ルート」挑戦の決心がつきました。

こんばんは、すきっぷです。 ロードバイクに乗り始めて3ヶ月半が経ちました。当ブログで「子の権現」への思...

私の感覚ですと、良い坂を良い順序で登ったのかな?と思っています。今、この記事を書いていて、2ヶ月ほどで急成長が出来た事を実感しております。

メンタル面、フィジカル面、どちらも大事ですね。すきっぷは ”坂バカ” になってしまったようで、今回の「子の権現」では、苦痛やつらいと言った感覚が全くありませんでした。なのでこのぶっ壊れた感覚を正常に戻すため、「風張林道」に挑戦してみようかと思っています。

あ、また宣言しちゃったwww

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

コメント

  1. teruc より:

    こんにちは

    次は風張林道なんですね。あそこは距離は長いけど、斜度は子の権現ほどないです。
    絶景スポットが多いので楽しめるとおもいますよ☆

    • すきっぷ より:

      terucさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
      terucさんただものじゃないですね?風張林道も行っているんですね。
      ちょうど本日風張林道に行って来ました。
      激坂区間は無かったのですが、ほぼずっとハードモードで辛かったですw
      絶景の格も違いましたね。止まれなかったのが残念でした。
      もうお腹いっぱいになりましたw