スポンサーリンク

ローラー台導入 ワイドリムに23Cタイヤを装着

皆さんはRaphaとか好きですか?

私もおしゃれで「格好いいなぁ」と思うのですが、

自分にRaphaが似合う!

とは、どう考えても思えないのです。残念ですが。

私はやっぱりパールイズミが落ち着くのです。3000円位の隣国製の安いやつでも良い位です。2号機BHウルトラライト。1世代前ですがコンポはデュラエースだし良いバイクです。

その愛車に隣国製のカーボンハンドルとシートポストを組み合わせる男です。Raphaが似合う訳がありません。

と、言う事で話しが長くなりましたが隣国製のローラー台を購入しました。今月は税金とか国保とか支払いが多くてビビっていたのですが、ケガもあってあまり乗れないので思い切って買っちゃいました。自分がちゃんと使うか分かりませんので最初は安物で十分です。

色は赤。理由は黒より500円安かったからw

説明書が上から目線だったりするのはお約束です。こう言うアラを探すのも隣国製品を購入する楽しみになります。それではセッティング開始です。

まずは、ゾンダに入っているチューブがパンクで緊急購入したチューブなので重いのです。そいつを取り出して軽量チューブをゾンダに装着します。取り出したチューブをオプティモ純正の鉄下駄「MADDUX RS 3.0」に移植をしたいと思います。練習用は重い方が良いですからね。

今回購入したローラー台用のタイヤは23Cです。ゾンダから取り出したチューブは25Cからでした。23Cタイヤに25C用チューブを入れても問題は無さそうな気がしますが、以前初めてチューブ交換時に失敗をしてパッチを貼ったチューブを再利用することにしました。

鉄下駄はワイドリムで25Cから推奨なのですが、タイヤが23Cになります。実際に探すと25Cのローラー台用タイヤはなかなか見つかりませんでした。あっても何故かお高い。調べるとあまり良くはない様なのですが、外を走る訳では無いので何かあっても大丈夫でしょう。

後は鉄下駄に装着する乙女ギア。いちいちスプロケ交換なんて面倒ですからね。11-32Tになります。

タイヤのクセが強くて装着が大変でしたが、無事に鉄下駄に納める事が出来ました。

それと大事なのがこれ。アマゾンプライム会員で観る事が出来る映画などを観ながら回したいと思います。結局はこれでYou Tubeを観ながら40分程回してみました。とりあえずワイドリムC17に23Cタイヤを履かせて使用しましたが、問題は起きませんでした。

感想。40分が長いです。景色が変わりませんし、観ている映像にもあまり集中する事が出来ませんでした。不満な点が一つだけありまして、ダイヤルで負荷を6段階に変えられるのですが、一番重い設定にしてアウタートップ(50-11T)で回しても、5~8%位の勾配程度の負荷しか掛からない事です。ここは20%位までは再現して欲しかったです。音と振動はそれなりにありますので集合住宅ではしっかりと対策をしないと使用が厳しいかもしれません。とりあえずはこれで「ちゃんと練習するか?」がわかれば、いずれはアップグレードするかも知れません。

実は購入して2週間経っていますが、その40分しか回していませんw

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)