スポンサーリンク

ぼっちライドでマナーアップ&事故防止

日本ブログ村のランキングの参加をやめてから、アクセス数が激減しているすきっぷですw

でも、いいんです。皆さんの負担になる”ぽち”をお願いしたり、バナーをいちいち貼り付けなくて済みますから。あらためて今までぽちってくれた方、ありがとうございました。

本題に入りますが「ハンドサイン」についてお話しさせて頂きます。

すきっぷは今まで他の方と一緒にライドをしたことがありません。他の方を見習って右左折時にはハンドサインを出す事が多いのですが、主に自動車に対しての意思表示として出すことのほうが多いです。

疑問なのですが、減速停止のハンドサインを理解している自動車のドライバーってどの位いるのでしょうか?

お叱りを受けるかも知れませんが、減速停止時にハンドサインを出すことはほとんどありません。最近飯能方面を走るようになって、たくさんのローディーに会うようになりました。しかし、後ろに誰もいないのに、いちいち減速停止のハンドサインを出すのは面倒です。

逆に気付かないうちに後ろに早いローディーが付いている事もあります。すきっぷはブログ用の写真撮影で他の方が意味不明と思われる場所でブレーキをかける事があります。

自動車に対しても他のローディーに対しても迷惑は掛けたくありませんし、安全に走るにはこのままでは問題があります。

それらの事をふまえて、すきっぷはロードバイクにブレーキランプを取り付けています。

このブレーキランプには1.5mmのアーレンキー(六角レンチ)が同梱されているので、これを使って小さなボルトを締めてブレーキワイヤーに取り付けます。

リアのブレーキレバーを引くとブレーキワイヤーが引っ張られてランプ本体が少し持ち上がり、スイッチが押される仕組みになっています。

また、テールランプの機能として常時点灯、点滅のモードもありますが、すきっぷは完全にブレーキランプとして使っています。使用する電池はCR2032リチウム 1個 で、テスト用電池として最初から付いています。ブレーキランプとして使用した場合の点灯時間は50時間だそうです。先日紹介させて頂いた「トピーク ミニロケット i グロウ」と同じ電池ですので電池切れした場合の予備電池も安心です。

こんばんは、すきっぷです。 ぽちっと応援してくれるかた、本当にありがとうございます。 本...

これを取り付けてからハンドサインを出さなくても減速停止の意思表示が出来るようになり、不安も面倒もなくなりました。

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)