スポンサーリンク

CAAD OPTIMOにZONDAを履かせた感想

タイヤは口コミで選んだコンチネンタル GrandPrix 4000S Ⅱ。

このために外しましたw

ZONDAはリムテープ不要です。ちょっとした軽量化になりますね。開いている穴は?

バルブを通す穴、1ヵ所だけですのでご心配なく。

チューブは65gのMAXXIS ウルトラライト チューブ 700×18/25Cです。

だいたい合っております。

計算してみますと、純正がタイヤ、ホイール、チューブで3000g。

変えたのが合計で2102gといった感じで約900gの軽量化です。

購入時のCAAD OPTIMOの54サイズがペダルのない状態で9.6kgだとすると、8.7kgまで軽量化できた事になります。

乗り心地はコンチネンタル GrandPrix 4000S で更に良くなりました。路面をつかむ「コォーッ」という音が好きでたまりません。

コンチネンタル GrandPrix 4000S の、この凹んだ穴を見て不良品だと言う人がいますが、インジケーターになっておりまして、この凹みがすり減って消えたら「タイヤ交換の時期ですよ」と知らせる為のものです。

2018年6月27日追記

このタイヤとチューブで3000kmほど走りました。幸運もあるのでしょうが、現在まで1回もパンクをする事はありませんでした。

※2018年10月16日追記
プレミアムバイクインプレッションで13種類のロードバイクに試乗して、我がCAAD OPTIMOが良いバイクだったことを痛感しました。正直重いし、乗り心地は悪いですが、走る性能は高いと思います。さすがカーボンキラーのアルミ車を作るメーカーです。私もまだ1年に満たない初心者ですが、CAAD OPTIMOは初心者の方にオススメ出来ますし良いバイクだと断言させて頂きます。
スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)

コメント

  1. オイラモオプティモ より:

    とても面白く参考になる情報でした。
    ありがとう。

    • すきっぷ より:

      オイラモオプティモさん、はじめまして。
      正直この記事は、初心者が比較対象も知らずに書いて、全く自信がありませんでした。
      参考になると言って頂けた事がとても嬉しく、励みになります。
      こちらこそありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

  2. キャノンデール乗り より:

    確かに鉄下駄と思わせるRS ホイールです。2017モデルのオプティモティアグラです。フラぺのままです。また考えます。ゾンタのホイールを知人もキャード12に装着しています。乗り出しから軽いです。やられました。変えるしかありません。軽く35キロ巡行できます。僕のは30キロぐらいです。クッションも違いますね。ティアグラに満足しています。まだこちらは2000㎞走っていません。情報ありがとうございます。

    • すきっぷ より:

      キャノンデール乗りさん、コメントありがとうございます。確かに出だしが軽くなり、巡航も少し早くなった気がしますね。乗り心地も良くなりますし良い事ばかりです。ただちょっと高いですね。私は5000kmちょっと走っています。ティアグラに関しては今の所、重さ以外の不満はありません。

  3. キャノンデールティアグラ乗り より:

    スキップ様。念願叶いましてホイールチェンジしたオプティモティアグラ乗りです。フロントタイヤがバーストしてリムまでやってしまいました。機会に前後とも購入店と相談の上で、シマノアルテRS500と24C タイヤに入れ換えました。トータルホイールだけで1700㌘以下です。6万円ほどかかりましたが、軽いです。乗り心地はさほど変わりませんが、シャド3%ぐらいなら一気に登れます。カンパのゾンタの方が軽いかはわかりませんが、チューブレス対応ですし、満足しています。しかし、錆びた杭が突き刺さるとは思わなかったです。時速も遅く、大事にならないでついていました。そう思います。友人は沼にはまりかけたな(笑)でしたが、楽しみます。また記事楽しみにしています。

    • すきっぷ より:

      キャノンデールティアグラ乗り様、コメントありがとうございます。念願と言うかアクシデントですね。せっかくですからチューブレスにしてみるのも乗り心地が良くなりそうで良いかもしれませんね。錆びた杭とは恐ろしいですが大事に至らなくて何よりでした。いつ何が起きるかわかりませんのでお互い気をつけて楽しみましょうね。ありがとうございました。